top of page

加藤先生の論文がClinical Ophthalmologyにpublishされました

加藤先生の論文がClinical Ophthalmologyにpublishされました。


加齢黄斑変性に対する治療には、抗VEGF製剤が広く用いられています。一方、抗VEGF製剤は眼血流低下を引き起こすことが報告されています。今回、非侵襲的に眼血流の評価が行えるレーザースペックルフローグラフィーを用いてBrolucizumabとAfliberceptの硝子体注射後早期の眼血流への影響を調査し報告いたしました。引き続き、個々のAMD患者様の眼循環動態に応じて適切な治療薬剤選択を行い、最良の個別化医療を目指していきたいと思います。













Commentaires


bottom of page