黄斑外来の論文がActa Ophthalmologicaにpublishされました

黄斑外来の論文がActa Ophthalmologica(インパクトファクター= 3.153 )にpublishされました。加齢黄斑変性をはじめとして抗VEGF薬硝子体注射治療が普及していますが、本治療により多発性網膜静脈血栓症が生じうることを示した貴重な報告です。

久留米大学眼科では患者様の詳細な診察を通して小さくてもキラリと光る知見を発信していきたいと思います!