1/28
先輩からのメッセージ

岡 龍彦 平成30年入局

明るい雰囲気が魅力です

眼科の魅力は、診断から治療までをほぼ一つの科で完結できることと、内科的治療と外科手技の両方を習得できることだと思います。久留米大学眼科では、良き臨床医を育てるという理念の下、早いうちから様々な症例を経験することが出来ます。手術は、白内障手術・硝子体手術・緑内障手術など、多様です。久留米大学ではこれらの先端手術にまんべんなく力をいれてきており、白内障手術・硝子体手術等に加え、角膜パーツ移植術や斜視手術まで早期から豊富に経験することができます。特に九州内でここまで広範囲の専門分野が充実した大学は他にないのではないでしょうか。眼科手術は局所麻酔で施行可能なことが多く、私は、初期から外来や手術など多くの経験を積ませていただきました。もちろん、最初は各症例がどのような経過をたどるのかまるで分からず、眼の前の患者さんの所見を取るだけでも膨大な時間がかかり大変でした。しかしその度に、全ての先生方が別け隔てなく親身に指導してくださり、今では完全に1人で診療を完結できることも多くなって来ました。これも人懐っこさが自慢の当教室ならではだと感謝しています。

現在、久留米大学の眼科教室では、より働きやすい環境整備が着々と進んでいます。特に若い人たちの意見を積極的に聞いて頂けるのはとてもありがたいです。まだまだ自分の事で精一杯の毎日ですが、ぜひみなさんと一緒に働けたら嬉しいです!(医局見学申込はこちら)

西住 俊輝 令和1年入局

大きすぎず、小さすぎず、"ちょうどいい"教室

私が母校ではなく、初期研修病院やその関連でもない久留米大学眼科に入局を決めたのは、医局の雰囲気、規模、立地、全てが"ちょうどいい"と感じたからです。

久留米大学眼科は大きすぎず、小さすぎず、すべてが"ちょうどいい"教室です。
医局は全体的に風通しが良く、和気藹々としています。医局全体に若手を親身に育てようという雰囲気があり、いつも気にかけ、優しく熱心にご指導頂けます。また医員室には電子ジャーナルなどの環境も整っており、知りたい情報を容易に入手でき、日々の研修に役立っています。
久留米大学は臨床に力を入れてきた積み重ねがあり、現在は11の専門領域を設けています。久留米市は交通のアクセスもよいため、福岡県南部のみならず広い医療圏から様々な疾患が集まります。患者さんも人間味溢れた優しい方が多く、眼科医としてのスタートを切るには最適な場所だと感じます。
立地に関しても、久留米は福岡から30分程度とアクセスが良く、生活しやすい街です。特に久留米は焼き鳥やラーメンが絶品で、仕事帰りに先輩方に連れて行ってもらいリフレッシュしています。
今は右も左もわからず慌ただしい毎日ですが、ひと息ついた瞬間に病棟13階の医局員室から眺める筑後川ののんびりとした景色に癒されながら、ひとつひとつ出来ることを増やしていこうと思います。
学生、研修医の皆さんがひとりでも多く、久留米大学眼科に興味を持ってくれたら嬉しいです!(医局見学申込はこちら)

西原 由華 令和1年入局

学ぶ環境が整っています
私は久留米大学を卒業し、久留米大学病院で2年間の初期研修を行いました。久留米大学病院の魅力はどの科においても、先生方が穏やかで親しみやすく、疑問に対して真摯に指導して頂き、学びやすい環境だと感じました。その中でも私が久留米大学眼科に入局した理由は、他科にはない専門性の高さと女性でも働きやすい環境であるということです。
眼科はその専門性の高さから2年間の研修で得た知識・手技が生かせず、患者さんの日々の診察も儘ならず、始めは苦労することも多いです。しかしその分、先生方のご指導・同期と切磋琢磨して学ぶ毎日に、日々の成長と充実感があります。
また、女性医師であれば出産・育児で医療から離れる事はやむを終えず、今後のキャリアにおいても不安点であります。当科では自宅で子育てしながらも、大学での症例を学ぶ事ができ、休職中でありながらスキルアップに繋がるのは女性医師として大きな魅力だと思います。
久留米大学眼科は、今後もさらに働きやすく学びやすい環境に整っていくと思います。
眼科入局を考えている学生・研修医の皆さんが久留米大学に興味を持って頂けたら嬉しいです。将来、一緒に働くことができるのを楽しみにしています!(医局見学申込はこちら)

田中 満理子 令和1年入局

家庭と仕事を両立したい!手術を続けたい女性医師にもお勧め

令和1年入局の田中満理子と申します。名古屋出身で、出身大学も初期研修も名古屋でしたが結婚を機に久留米に引っ越してきました。私は初期研修中に一人、研修修了後に一人子供を産んでいるため、時間的に制約があります。しかし見学で久留米大学を訪れた際、先生方がそのような事情も理解してくださり久留米大眼科に入局することを決めました。
女性の皆さんは特に子育てと医師という道の両立で不安がある方も多いと思いますが、眼科は女医さんも多く子育てに理解のある環境だと思います。そしてしっかり突き詰めようと思えば、男性医師と対等にオペなどでも活躍できる科だと思います。実際、久留米大学眼科では、女性の先生方が毎日診察に手術に積極的に取り組まれています。その後ろ姿を見ていると、自然と将来自分の目指す眼科医としてのロールモデルを見つけることができます。
眼科は専門性が高く、初期研修で数ヶ月回ったくらいではなかなか手技や検査などが習得しづらい部分がありますが、逆に考えると簡単には習得されににくいため一度身につけてしまえば医師としての大きな強みになります。
みなさん是非一度、久留米大学眼科に見学に来てください!(医局見学申込はこちら)

1/26

       久留米大学病院 眼科
〒830-0011 福岡県久留米市旭町67
外来(患者様専用)    TEL: 0942-31-7621

医局(学生研修医用) TEL: 0942-31-7574  

                            FAX: 0942-37-0324

  • Facebook:久留米大学眼科学
  • Instagram:久留米大学眼科学
  • YouTube:久留米大学眼科学

© 2018 by DEPARTMENT OF OPHTHALMOLOGY, KURUME UNIVERSITY SCHOOL OF MEDICINE. All Rights Reserved.