斜視・弱視外来

弱視とは視力の発達異常、斜視とは眼の位置ずれをきたす疾患です。弱視は斜視、強い遠視・近視・乱視、左右の屈折度の差が大きい場合(不同視)等が原因となります。特に小児は視力と両眼視(両目で物を見る能力)の発達段階ですので早期発見、早期治療が重要です。

患者さんの多くが子どもであり、検査や診察に非常に時間がかかり、根気がいるため専門の先生が少ない分野ですが、無いと非常に困る分野です。

そのため久留米市内だけでなく、筑後方面、筑豊方面、佐賀県、大分県、長崎県からも患者さんに来ていただいており、特殊症例として、近年は回旋斜視や他科での手術後の麻痺性斜視など幅広く対応しています。また成人の斜視は複視や眼精疲労、美容的な問題があり、それらに対しても積極的にプリズム眼鏡、斜視手術による眼位矯正を行っています。

​以上に加えて、ボトックスが斜視に保険適応となり、当科でも導入しています。

斜視・弱視外来