第89回九州眼科学会に参加しました

最終更新: 2019年6月30日

2019年5月31日から6月2日まで、大分市 ホルトホール大分にて 第89回九州眼科学会が開催され、参加してきました。

教室から、吉田教授、門田教授の網膜、角膜セッションの座長の他、角膜感染症の治療、羊膜移植、緑内障の眼圧下降レーザー治療、網膜剥離の治療成績など幅広い領域の発表を行いました。

またイブニングセミナー「バラ色の眼科勤務医人生」では、吉田教授が、「大学でしか出来ない!あんなこと、こんなこと」のタイトルで講演しました。仲間の多い大学ならではの多彩な診療・教育・研究、多様な働き方、学会活動、留学など、大学勤務の一端を紹介し、九州で眼科医として働く楽しさについてお伝えできました。

久しぶりに訪れた大分はきれいに再開発され、とても充実した楽しい3日間でした!

来年は北九州で開催されますが、ぜひ来年も出席したいと思います!!